バスローブを着て出かけても

婚約者の結衣は咲希を信じずに見ていましたが

本当に知りたいですか?
もちろんそうです
女は男を大きな恐れのない顔で見ました。男は女をちらっと見て微笑み、そして再び起きることを計画していた。
「ああ、ちょっと、あなたはそれを言っている!」
女は男を見てベッドから出て、男は彼女に言いたくないと思って、すぐに男を伸ばしたと熱心に言った。男はまっすぐに起きて女によって引き上げられ、それからベッドに横になり、皇帝も連れてベッドに横になりました。女は突然ベッドに倒れ、また男と衝突し、突然恥ずかしい顔をした後、男が彼女の微笑みを見たところで男の笑い声を聞いた、突然もう少し恥ずかしい顔。

あなたは、何を笑っていますか


「ああ、あなたは私に言ってほしい、今はそれについて心配しないでください、ただ私にベッドを起こさせて、服を着せさせてください!それとも、あなたはしばらく私と横になりたいですか?拒まないでしょう」
もともと、私は女と一緒にベッドに横たわることができましたが、男は自然にそれを要求し、彼は起き上がって服を着替えるためにそれを自分で上げます!
しかし、今朝、もし彼が本当に女と一緒にベッドに横たわっていて、それでもこのように引っ張っているのなら、彼は本当に不確実です、彼は何かをするでしょう!女の顔の平手打ちのように、そして女と肌の接触の間で衝突したとき、男は彼の体がいくつかの変化を生み出したこと、そしてどこまで続けてこのようにベッドに留まるべきかを感じさえしました。続けて!彼は自分自身を気にしません、しかし、彼は女がまだ準備ができていないことを知っています、そして、どうして彼はこのように彼女をいじめすることができます!男がこれを言ったとき、女は突然赤面しました。

周りの人々は忙しかったです。

「私、私は少し誓っています、私はそれをはっきりと言うことができないほど心配しています。彼女はそれをまったく意味していません!それは男の言葉を思い出させるものです。男と一緒にベッドに横になっていても、二人の足と足はまだ絡み合っていて、明らかに昨夜の傑作!」
女はすぐに彼の足を引っ込め、そしてさらに男から少し離れたところで彼の体の上のキルトを引っ張り、そして男に顔を赤らめたと言いました。男は女を恐怖の回避的な外観のペアとして見ていて、心が無力だったので、突然、女から遠く離れたところで、男はまだ哀悼の意を抱いていました!
しかし、彼らがこれにたどり着くと、男はもう彼をからかって微笑んで髪をなでることはせず、起きて寝て、部屋に戻って洗濯と着替えをしました。女は頬を真面目に見ていた、そして男に鎮圧された後の顔は赤くて出血していた。男が起き上がってドアを閉めるのを手伝った後、女はすぐにベッドから飛び出し、浴室に飛び込み、蛇口を開き、顔に冷たい水を注いだ。彼の顔の焼けは数点落ちました。彼女は夜を過ごした後、男が以前とは全く違っていたことをどのように感じましたか。彼らが以前に紛争を起こしたことは言うまでもありませんが、それは紛争ではありませんが、男は彼女の怒りを生んだのです!しかし、今、男は少し怒った表情を見ていないだけでなく、彼女のペットの代わりにはしごをもっと!

花嫁である必要があるそれは十分です!


そうです、それはペットです!女はいつも男が彼女にとってとても良いと感じていました、しかし今、男が微笑んで彼女の頭を愛撫したように、それは明らかにペットでした!結局のところ、昨夜何があったのでしょう。なぜ、ある夜、女は全世界が変わったように感じているのでしょう。そのうえ、女さんは、男が以前に明らかにした苦情の表情は偽物ではないという彼女の心の中にいくつかの気持ちを持っています。彼女の心の中の気絶が、男をしっかりと抱いているという彼女の写真を横切ったようだから!お母さん、これは本当に彼女ですか?彼女はどうやってこのようなことができるでしょう!男は彼女について考えます!
たとえ彼女が颯真を引きずっても、彼女は颯真といっしょに行って飲んで、そして彼自身を飲んで、そしてそのような大きな外国人を作ることは決してなかったでしょう!

哎颯真になると、颯真が現在どうなっているのかわかりませんか。女はまだ彼が彼の意識を失う前に、颯真が混乱してソファーに倒れたように見えたことを覚えています!彼女は現在家にいて、それから颯真!彼女は今どうしているの?いいえ、彼女は急いで男に尋ねなければなりません!女は颯真の状況を知ることに非常に不安を抱いていますが、それほど心配する必要はありません。彼女の親友琉生を気にしません!

そして少し少し当惑し始めました。

私は男を聞いていないが、女はとても信じていますが!現時点では、女を心配している颯真は、女と同じではない状況に直面していますが、それほど違いはありません!混乱した方法で彼の目を開いた颯真は、二日酔いと頭がめまいたためにうめき声を上げました。
眠くなったので、起きたくない
さらに、今日のベッドは以前よりもずっと快適になっているように見えます。柔らかくて、ベッドで寝ています。
しばらく眠らせて!

颯真は混乱した状態でひっくり返り、腕を動かして何かを叩いたように見え、颯真の心は不思議で手を伸ばしてそれに触れた。ああああああああN


臭い、ああ、ああ、いい颯真は、ベッドから起き上がって、恐怖の中で彼女と触れたばかりの男を見て叫んだ。これはなんだろう!彼女は昨日女と一緒にいなかったのでしょうか、彼女はどうやって目を覚ましましたか、彼女は彼女のベッドで奇妙な男を持つでしょう!この男は非常にハンサムに見えますが、今はこれらに注意を払うための時間ではありませんが!琉生は今、この男に絡まっています、なぜそれは彼女のベッドの中です!
「あなた、あなた、あなた、あなたは誰ですか。なぜあなたは私のベッドにいるのですか!」

彼女はまた彼女の心の中で心配しています。


神よ、彼女は不運ではないでしょう、彼女はどんなスカムにも遭遇するでしょう、そしてそれから小説でしばしば見られる一夜の屋台!これを考えて、琉生は自分を見下した!格好良くない、この外観は、琉生はビッグバンです!終了しました。彼女は彼女の体に服を着ているが、それは彼女が昨日身に着けていたものではありません!
彼女は自宅で一人で、服を着替えることができます!重要なのは、彼女がまだそのような男をベッドに抱えているということです!颯真が叫んだとき、彼女は自分自身を怖がらせただけでなく、ベッドの上で他の人を目覚めさせました。咲希は真夜中に忙しくて、そしてついに早朝に眠りについた彼が眠っているとき、彼は突然悲鳴を聞いて、彼は目を覚ますのにショックを受けました。あなたの目を開き、昨夜真夜中まで彼を忙しくさせた原因をベッドの上に座って叫び、そしてまた彼の鼻の質問を指摘したのを見なさい。咲希は突然腹を立て、少し腹を立て、このようにして目が覚めたので、心から幸せにはなれなかったので、颯真を見て口をなめた。
「よく見て、ここが私の部屋、これが私のベッドです。叫んではいけません!」

私が昨夜女性の家族に私が長い間尋ねられなかった場所を尋ねるように頼まなかったならば、私は彼女をホテルに送って、それからアルコールを飲み始めたいです、彼は結局彼女を家に連れて行きません!明らかに、男が去ったとき、女性はまだソファーで静かに眠っていてよく眠っていました彼が連れ去られた後、彼は酔っぱらって怒り始め、そして一夜を過ごしました!それが尊敬されている彼女の親友のためでなければ、彼はすぐにそれを捨てたでしょう!その結果、私は誰かが一晩何も言わないのを待っていましたが、今は元気です礼状が聞こえなければ、私は食事に苦しみます!彼は誰を挑発するものです!彼はとても傲慢です、いつこの罪でしたか!こんなときに質問されたのはいつですか。

花嫁のを見ながら医者の言葉を聞いていたので

颯真も咲希が言ったことを指摘したかった、そして彼が咲希が言ったことを聞いたとき、彼は突然沈黙した。彼女は周りを見回しましたが、注意を払いませんでした。

彼女がちょうどベッドで眠ったときも不思議ではなかったが、彼女は彼女が眠ったときとても快適であると感じました。それでは、なぜ彼女はここに現れたのでしょう、彼女の前のこの人の部屋に現れるのでしょうか?彼女の目の前にいるこの人が酔って彼女を利用するのは難しいですか?どうやって彼はこれをどうやってやれ!あなた、あなたは恥知らずです、あなたは直面したくないので、あなた…颯真は怒っていて苦情を言っています、話していて話していますが、泣いています。