質問をした人をちらっと見ましたが

しかし実際に彼らは本当に内側にあるものについて考えています

幸いなことに、颯真が少し酔っていても、そのような臭い男を簡単には成功させないでしょう、彼女のプレッシャーは軽減されます。それでも颯真が彼女を後ろに引きずりたい場合は、彼女を一人にしてください。
「もちろん、人々は自分たちの言うことを信じることができませんが、私が言うことは当然説得力があり、美しさ、あなたは何について話しているのでしょう。」
駿の演説はますます怒ってきており、彼は目の前の2人の女性を勝ち取ることを余儀なくされており、まもなく誰もそれらを救うために来ていません。彼はまだ恐れるべき何かを持っています、しかし、彼はまだこれらの2人の弱い女性がそうしないことを恐れています!このようにして、駿はさらに悪意を持って、女と颯真の2人の人物の中に入っていった。
何してるの!

トラフになった!

鄧小明明が颯真のために何かをしたいという勇敢な願望を見て、女は当然のことながら彼を颯真の前に連れて行き、結婚相手の長い手を破壊するために手を振った。このような過度に刺激的で痛みを伴う運動の後、女は以前に飲まれていたワインがついに攻撃し始めたかのように、めまいを感じ始めました。
いいえ、彼女は-落下することはできません、彼女はできません!女は彼の前にいる人を見上げて見て、彼の歯を噛み、そして彼の体を持つことを主張しました。

駿は彼が結婚相手のにキスをすることができると思ったが、彼は正面に来ることを期待していなかったが、女に止められました!駿は腹を立てたいと思ったが、彼が振り向いて颯真の前にいる女を見たとき、出てきた怒りは押された。それはこれではない、とにかく、これら2人の女性、彼はすでにそれを見ています!

「なぜ、この美しい女性はもう待つことができないのですか。心配しないでください、あなたは2人で今日より私より少なくなければなりません!」
駿が言ったとき、彼は彼の手を女に広げました。しかし、駿の手は女に触れておらず、彼は後ろから冷たい声が聞こえてきた。
あなたの手を置きなさい!


あなたはここにいますか?あなたの手を置きなさい突然音がして、結婚相手の動きが止まり、女に近づきそうになったとき、彼は立ち止まって音源を見るようになりました。女が駿で彼の手を差し伸べたとき、彼はもともと手放すことを意図していました、しかし何に関係なく、彼女は相手方をいじめさせることはできませんでした。しかし、私は突然そのような声を聞くことを期待していませんでした、そして重要なのはこの音がおなじみのように聞こえることです。

結婚しています


女はまた音源を見てみると、彼の顔にいくつかの驚きがあり、ただ誰かに電話したかったのですが、彼の頭の中に気絶がしていたので、彼女はほとんど納得できませんでした。相手を呼び出す計画は当然失敗するでしょう。くそー、彼女は本当にアルコールの量をすることができません。彼女は2杯を飲むだけです。男がクラブハウスを開設した後、咲希と婚約者の結婚相手はしばらくの間入ってしばらく話していたが、婚約者の結婚相手は電話を受けてすぐに離れ、咲希は自然に興味をそそる人ではなかった。それで、咲希はそれについて考えて、そしてプレーするためにバーに行くことを計画しました、それで彼は非常に活発に見えたバーを拾いました。バーに入って間もなく、咲希は彼の前にたくさんの人がいたことに気づきました。
もともとそのようなことには興味がありませんでしたが、唐紫海には興味がありませんでしたが、今日はただつまらなくなったので、私は酒場に行ったことがありませんでした。その後、私はこの頃の幽霊が違いを生み出したことを思い出しました唐結衣はある時点で、そのような理由の6番目の感覚があることを非常に喜んでいました!男のミックスバーは小さすぎません、男はバーに来るのが好きではありませんが、彼はそれを愛しています!
したがって、咲希は時々バーでのいじめについてもはっきりしていますが、彼が突然見ていじめられた人が知り合いになったとは思っていませんでした!この人は、彼が前に見た女、今日亡くなったばかりの男の女、彼の甥です!唐紫海はなぜ女がそのような場所にいるのかについて考える時間さえもなかった彼が彼の目の中ですでに死んでいる人を見たとき、彼は手を伸ばして微笑み、そして唐紫海は直接立ち止まりそして立ち止まった。他の人たちも数歩前進しました

花嫁のを見ながら医者の言葉を聞いていたので

あなたの手を置きなさい!

「あなたは誰ですか?私はあなたにそれをチェックアウトすることができる何かではないと言います。この若者は今日良い気分です、そして私は当分の間あなたを気にしません。私はあなたがここでビジネスについて心配しないように助言します!」

彼は後ろから冷たい声を聞いたとき、彼はまだ少し怖がっていましたが、今は彼はただの人です、そしてまだそれは顔に加えてよさそうだ、それは耐える能力があまりないように思われる、鄧小沙の目はすぐに失望になる!

出身地はわかりませんが、私は無知で自分のビジネスを大事にしていますので、気分が良いので他の人を気にすることはできませんが、他の人が興味を持ってもらえない場合は責任を負いかねます。今すぐ!
「私はまた、早く手放すことをお勧めします、そうでなければ私はあなたがまだ明日の太陽を見ることができることを心配しています!」
目の前の人が興味を持っている場合、咲希は彼に対応しませんが、2人目の兄弟が盲人と何をしたいのかを知っていれば、この人は明日の太陽を見るのは本当に稀です。

彼は彼の心の中で非常に明確だった



「ああ、音色はかなり大きいよ!兄弟よ、私たちがいじめられているのであれば、私が誰であるかを彼に話しなさい!」

「キッズ、私たちの長男の駿は100マイルも離れた婚約者の結婚相手ので、誰も知りません。駿を怒らせようとします。」
咲希は彼の目の前で人々の言葉に耳を傾け、そして彼の目は軽蔑に満ちていました。これらの人々は彼を文化も品質もない文化として扱っています!本当に、誰がそれに気付いていません!誰が見えないの?

「何駿、私はそれについて聞いたことがない!しかし、あなたはこれら2人の人々に触れたくはありません!」

「あなたがそれに触れることができないならば、あなたはそれに触れることができない、私はまだそれに触れなければならない!」
駿は咲希がこれを言ったと聞いた、彼が彼の権威が挑戦されていると感じたかのように、そして今彼は女に彼の手を伸ばした。同時に、女もめまいで意識を失い始めました駿が手を差し伸べて、彼女に触れなかったとき、彼女は一度に一歩倒れました。女の目が閉じていることを咲希が知ると、彼は倒れて突然おびえたようになりました!急いで駿に手を上げ、駿が数歩踏み出した後、彼は横になっているスクワットを両腕に持っていった。
サソリ、大丈夫、サソリですか?

結婚式についてのすべては夏嘉の手によるものです。

女が彼の前に何かを持っていたら、どうして彼は男に言うことができるでしょう!私は女が少し赤い顔を除いて、まだ非常に優れていることを見たところですが、どうやって彼らはほんの少しの言葉を言ったのですか、女は落ちましたか?彼らが現れる前に、これらの人々は女に何をしたのでしょうか?それはいまいましいです、それは大したことではありません!咲希は反対側の人々を怒って見ていましたが、それが賞賛に値しないのであれば、私は真っ直ぐ正面を向くことになるでしょう。

あなたは彼女に何をしましたか?
駿は咲希に押されてほとんど倒れませんでしたが、幸いなことに彼は転ぶ前に彼の何人かの部下に支えられていました。彼は熱心に咲希を振り返る準備をしていました、しかし彼が話す前に、彼は咲希の激怒の声を聞きました。あなたは何をしましたか?彼は本当に何かをしたいのですが、これは彼が前にしなければならなかったことではありません、そして彼の前の冒涜が来ています!