治療をスムーズに

今までは、月経の痛みや更年期の不調は、女性ならば仕方がないもの、我慢すべきものと考えられていました。しかし、もうそのような古い価値観から解放され、自分のこころと体が求めていることに、もっと耳をすませてみませんか^自分の心身の発するSOSのサインに気づき、自分をいたわり、元気にしてあげてはいかがでしょう私のクリニックは銀座にあるため、二0s四0代の働く女性が多いのですが、受診される年齢は一0S八。代と実にさまざまです。なかには親子三代で検診を受けたあと、銀座で買い物をしたり、映画や食事を楽しんだりする方もいらっしゃいます。ご自分の誕生日に検診を受けるために上京したという方からは、「検診を受けたあと、今日は一流ホテルに泊まって、ゆっくりとおいしい食事をいただく予定です」という話を聞き、何だか私まで嬉しくなったこともありました。こういうちょっとした喜びや幸せを感じる機会を自分から積極的に作ることは大切です。

同じ病気を抱えている場合でも、医師に言われるままに治療を受けているだけの人と、積極的に自分から必要な情報を集めて主体的に治療をしようという人とでは、結果に大きな違いが出てくるように思うのです。何でも相談できる、豊富な知識と経験を持った医師と二人三脚で病気と付き合っていければ、あっても病気の進行を遅らせるほどの力となるのではないでしょうか。たとえガンで私たち医師は、いつも最新の情報を集め、最良の医療ができるように勉強を続けています。ですから病気になってしまった場合は、そういう医師たちの力を上手に利用して、一日でも早く元気になっていただきたいとまたこれからは、病気を治療するだけでなく、日頃から体の声に耳をすませ、上手に心身をケアしていく時代になると思います。自分のこころや体とうまくコミュニケーションしながら、心身ともに健康で生き生きと暮らす、そういう生き方を自分で選び取ることができる時代になっているのですがんばれることとがんばれないこと二一世紀を迎え、女性をとりまく環境は刻々と変化しています。

病気を抱えた人たちが訪れます


老化が明確な区切りとして出現する代表的な例の一つである

それは「昔のお母さんに戻った」と家族に言われるほど素晴らしい改善ぶりでした。施設のスタッフに聞くと、「むしろハイテンションすぎるくらい」と笑うので、フェルガード100Mは2本に減らしました。レビー小体型認知症は、姿勢のひどい患者さん、中毒感のひどい患者さんほどよく治ります。それは、間違った投薬のせいでそうなっているからです。認知症だけで、ひどい首垂れや体幹の傾斜が起こることはありません。

薬などで症状を次に述べるような胃に優しい生活を心がけましょう除菌

残念ながら、医師よりもレビーの教育を受けた介護スタッフのほうが診断能力が高いようです。うつ状態が改善したために食欲が戻って元気になり、歩行までが可能になったレビー小体型認知症のRさんRさんは、強いうつ状態でまったく食事ができなくなったレビー小体型認知症の患者さんです。「コウノメソッドでは「認知症の陰性症状では抗うつ薬を第一選択にしない」という大切な約束があります。しかしシンメトレル(パーキンソン病治療薬として使われる抗ウイルス薬)、サアミオン(脳血流改善薬)、アリセプト、の興奮系御三家でも元気が出ないときはどうすればよいのか、答えはなかなか見つかりませんでした。Rさんがそれまでに処方されていたのは、アリセプト2.5㎎とサアミオン10㎎です。


アレルギーだけではなく

うつにみえることはよくあります

そういう子どもはリンパ球の割合が過多で、おとなしくて色白で、いろいろな刺激に過敏で傷つきやすいのですここからも、太陽の光が人間にとって重要なことがわかりますもちろん浴びすぎは危険ですが、いまはUVカット用品など紫外線の害を防ぐものがいろいろとありますかすぐにその知識だけに頼ろうとするのはら、それらを活用すればいいのです。紫外線が悪いといわれれば、からだの声を素直に聞いていることになりません。ところで私たちは、運動したり動きまわって、重力に逆らって生きています。逆らいすぎると疲労しますしまったく逆らうことなくじっと動かないでいると、歩けなくなり、しまいには寝たきりになってしまいます適度な重力にさらされることで、私たちは健康を保っているのです運動がからだにいいといっても、元気な子どもや若いうちならいざ知らず、中高年になってスポーツをやりすぎると、かえってからだを壊してしまいます七十歳前後の男性が「慢性骨髄性白血病になった」と私の講演を聞きにきたことがあります。骨髄のがんは骨に負担がかかって骨髄が刺激された結果起こる病気です。

治療法を選ぶうえで


ストレスになるのです特に

「立ち仕事など無理が重なったのですか?」と聞くと、「定年になって十年も経つし、つらいことはしていない」といいます。そこで「何か運動をしていないですか?」と尋ねたところ、その人は縄跳びが趣味で、毎日何百回とやってきたというのです。それでは、骨に過度な負担がかかります。この人の場合には、重力に逆らいすぎたことが原因で病気になったと考えられるかといって、運動をしなさすぎても、今度は重力への対応ができなくなり、なってしまいます。それが進めば無気力なボケの世界へとまっしぐらです。

  • 病気で手術や検査をして
  • うつ病であったほかの
  • 将来子どもは産みたいいう人が多いようですその場合薬物療法で