治療をスムーズに

今までは、月経の痛みや更年期の不調は、女性ならば仕方がないもの、我慢すべきものと考えられていました。しかし、もうそのような古い価値観から解放され、自分のこころと体が求めていることに、もっと耳をすませてみませんか^自分の心身の発するSOSのサインに気づき、自分をいたわり、元気にしてあげてはいかがでしょう私のクリニックは銀座にあるため、二0s四0代の働く女性が多いのですが、受診される年齢は一0S八。代と実にさまざまです。なかには親子三代で検診を受けたあと、銀座で買い物をしたり、映画や食事を楽しんだりする方もいらっしゃいます。ご自分の誕生日に検診を受けるために上京したという方からは、「検診を受けたあと、今日は一流ホテルに泊まって、ゆっくりとおいしい食事をいただく予定です」という話を聞き、何だか私まで嬉しくなったこともありました。こういうちょっとした喜びや幸せを感じる機会を自分から積極的に作ることは大切です。

同じ病気を抱えている場合でも、医師に言われるままに治療を受けているだけの人と、積極的に自分から必要な情報を集めて主体的に治療をしようという人とでは、結果に大きな違いが出てくるように思うのです。何でも相談できる、豊富な知識と経験を持った医師と二人三脚で病気と付き合っていければ、あっても病気の進行を遅らせるほどの力となるのではないでしょうか。たとえガンで私たち医師は、いつも最新の情報を集め、最良の医療ができるように勉強を続けています。ですから病気になってしまった場合は、そういう医師たちの力を上手に利用して、一日でも早く元気になっていただきたいとまたこれからは、病気を治療するだけでなく、日頃から体の声に耳をすませ、上手に心身をケアしていく時代になると思います。自分のこころや体とうまくコミュニケーションしながら、心身ともに健康で生き生きと暮らす、そういう生き方を自分で選び取ることができる時代になっているのですがんばれることとがんばれないこと二一世紀を迎え、女性をとりまく環境は刻々と変化しています。

病気を抱えた人たちが訪れます


老化が明確な区切りとして出現する代表的な例の一つである

それは「昔のお母さんに戻った」と家族に言われるほど素晴らしい改善ぶりでした。施設のスタッフに聞くと、「むしろハイテンションすぎるくらい」と笑うので、フェルガード100Mは2本に減らしました。レビー小体型認知症は、姿勢のひどい患者さん、中毒感のひどい患者さんほどよく治ります。それは、間違った投薬のせいでそうなっているからです。認知症だけで、ひどい首垂れや体幹の傾斜が起こることはありません。

薬などで症状を次に述べるような胃に優しい生活を心がけましょう除菌

残念ながら、医師よりもレビーの教育を受けた介護スタッフのほうが診断能力が高いようです。うつ状態が改善したために食欲が戻って元気になり、歩行までが可能になったレビー小体型認知症のRさんRさんは、強いうつ状態でまったく食事ができなくなったレビー小体型認知症の患者さんです。「コウノメソッドでは「認知症の陰性症状では抗うつ薬を第一選択にしない」という大切な約束があります。しかしシンメトレル(パーキンソン病治療薬として使われる抗ウイルス薬)、サアミオン(脳血流改善薬)、アリセプト、の興奮系御三家でも元気が出ないときはどうすればよいのか、答えはなかなか見つかりませんでした。Rさんがそれまでに処方されていたのは、アリセプト2.5㎎とサアミオン10㎎です。


アレルギーだけではなく

うつにみえることはよくあります

そういう子どもはリンパ球の割合が過多で、おとなしくて色白で、いろいろな刺激に過敏で傷つきやすいのですここからも、太陽の光が人間にとって重要なことがわかりますもちろん浴びすぎは危険ですが、いまはUVカット用品など紫外線の害を防ぐものがいろいろとありますかすぐにその知識だけに頼ろうとするのはら、それらを活用すればいいのです。紫外線が悪いといわれれば、からだの声を素直に聞いていることになりません。ところで私たちは、運動したり動きまわって、重力に逆らって生きています。逆らいすぎると疲労しますしまったく逆らうことなくじっと動かないでいると、歩けなくなり、しまいには寝たきりになってしまいます適度な重力にさらされることで、私たちは健康を保っているのです運動がからだにいいといっても、元気な子どもや若いうちならいざ知らず、中高年になってスポーツをやりすぎると、かえってからだを壊してしまいます七十歳前後の男性が「慢性骨髄性白血病になった」と私の講演を聞きにきたことがあります。骨髄のがんは骨に負担がかかって骨髄が刺激された結果起こる病気です。

治療法を選ぶうえで


ストレスになるのです特に

「立ち仕事など無理が重なったのですか?」と聞くと、「定年になって十年も経つし、つらいことはしていない」といいます。そこで「何か運動をしていないですか?」と尋ねたところ、その人は縄跳びが趣味で、毎日何百回とやってきたというのです。それでは、骨に過度な負担がかかります。この人の場合には、重力に逆らいすぎたことが原因で病気になったと考えられるかといって、運動をしなさすぎても、今度は重力への対応ができなくなり、なってしまいます。それが進めば無気力なボケの世界へとまっしぐらです。

  • 病気で手術や検査をして
  • うつ病であったほかの
  • 将来子どもは産みたいいう人が多いようですその場合薬物療法で

免疫力を上げる必要があるからですいろいろな異物を抱え込一般にエネルギッシュな人はよく食べたり飲んだりして

ストレスにおちいったときに
病気を起こすだけにとどまりません実際には腸相の悪い人の多くが子宮筋腫高血圧

やくそれで朝昼夕に食べるという。先生でも僕は、肥満している人については、何がなんでも一日三食ということは言わないようにしています。みんな、それを口実にするんです。「先生が一日三回食べなあかんと言うたじゃないですか」って、たくさんの量を食べ続けるわけやねだから、太っている人は一日二食でも、なんなら一回食でもいい。それを自分の生活リズムに即して決まった時間帯に食べてください、と言ってます。

病気に対して

やく一日一食の場合も、規則正しく食べることが大事なんですね先生食事の習慣は、からだのメモリーとして残るわけです。からだのメモリー効果というのは、からだの営みの万事を効率よく進めるためにとても大事なことなんです。医学の世界でも、これから時間医学という研究分野が大きなテーマになっていくと思いますが、経過の中で、からだの中では、常に一定のリズムですべての時計遺伝子が動いているわけですよ。時計遺伝子は太陽光の影響を受けて脳により制御されるわけやけど、それを動かすファクターとしては食事が最も大きいわけです。つまり、食事による一定の刺激をからだに与え続けないと、時計遺伝子のペースは乱れるんです。

不安感や緊張感が強くなります抗精神病薬は

さらに、自分はつまらない、だめだ、物事がうまくいかないのは自分のせいだ、病気ではなくて自分が怠けているのではないか、会社に申し訳ない、友達や家族に申し訳がない病は治る』渡辺昌祐、保健同人社)実際には本人に何の罪もないことでも、自分に責任を負わせ、自分を苦しめるのです」アドバイスがドクターによって正反対。これも現実とわりきるのもとくに更年期に関しては「症状の客観的評価が難しいため、のはありがちです。治療はドクターによって異なるという後山尚久医師は治療についてこう語ります「治療の中で患者さんに『とにかくなにもしないで、休んでください』と指導しても、そのなにもしないというのがストレスになる人もいます。逆にそう言うとそれが奏功して、すっかりよくなる人もいるんです。なにもしなくていい、うれしい!と思える人と、本当にいいのかなと疑問に思う人がいます。治療効果についてはこの体癌検診の後に

薬については

すごいストレスを受けながら病気にならない人もいますよね。そのストレスに感じない方法がわかれば病気を免れることができるただし、その方法というのがひとりひとり違うんです。それを患者さんといっしょに見つけ出す、答えを出すというのが更年期の精神症状の治療なんです」にとって大きなプレゼント」。しめたもの「60代はまだまだ夢があって楽しい世代です」。「これからは素のまま、自分らしく生きていきたい」。

ストレスそのものをどう解無理がきくのは四十代はじめまで働き盛りの三十四十代は
病気であるため

ガンの元になるとはっきりと告げているのにで第一

定期的に医師を受診し状態のチェックを受けながら服薬もつづけ生殖細胞をつくるときは減数分裂が盛んに行なわれているし、生殖細胞は分化をする前の段階の細胞である。また、胎児のときは、受精卵から体をどんどん大きくするために細胞分裂を頻繁に行なっているし、手足や臓器ができてくるまでは分化しないという条件も満たしてい幹細胞は、どんどん分裂しながら、いろいろな種類の分化した細胞になるので、大人の体の中にある細胞であるにもかかわらず、この条件を満たしているという。ちなみに、がん細胞もこの条件を満たしているでは、テロメラーゼという酵素を体の中で働かせれば、本当に不老長寿が実現するのだろうか。また、テロメアを長く伸ばしたり、短くなるのを防いだりする方法は、実際の人間に応用できるようになるのか。さらには、それが可能になったとして、寿命を延長できることに結びついていくのだろうか医学の専門外の人は、テロメアをコントロールする方法が開発されたら、が活発に増殖を繰り返すようになるのではないか、と考えるかもしれないそれによって全身のすべての細胞しかし、現実には、たった1つの操作によって、全身のすべての細胞の傷を治し、分裂を活発にすることは不可能に違いない。

検査中間尿を採り糖

あくまで、個々の細胞レベルでそれができるということに過ぎないのである万が一、テロメラーゼを体全体で働かせる方法が開発できたとしても、それは非常にリスクをともなうことになる、と石川教授はいう。「全身の細胞の中には、活性酸素によって、そのDNAが完全に切れてしまう場合がありますしかし、テロメラーゼは、こうして切れたDNAの端にもテロメアをつけ足して細胞を生かそうとすることができます。そして、不完全な細胞が生き残ると、それこそ、まさしく、がんなどの病気になる可能性があるたとえば、αサラセミアという貧血を起こす病気は、ある遺伝子が切れて発症することがあるのですがその切れ目にテロメアがつけ足されて細胞が生き延びるために起きてしまったらしい形跡が見つかっていますつまり、細胞を一つひとつ不老不死にできても、それがその人間に死をもたらす恐れがあるということなので石川教授は、テロメラーゼを利用してテロメアの短縮を防ぐことができても、それがそのまま不老長寿へっながることは難しいのではないか、という見通しを立てている。といって、石川教授は、テロメラーゼ療法が医学の進歩や長寿の実現に役立たないと考えているわけではない。誰もが二百歳まで元気に生きられることが現実になれば、たった一つの方法で、には違いないだろう。