そして少し少し当惑し始めました。

男はついに彼女を手放して新鮮な空気を再吸い

咲希は彼の言葉に少し戸惑ったように思えた駿を長い間何も言っていなかったのですが、うめき声を続けたいと思いましたが、彼は腕の中で新しい動きを感じ、すぐに過去を見ました。結婚相手の、お元気ですか。どうして突然失神したのですか?

「グーユーヘン、きみはここにいる、きっときっと来るだろうね!」

女は彼女の咲希を軽く傾けて見た後、微笑んで再び気絶した。
「ねえ、サソリ、私は2番目の兄弟ではない、私は子供です!あなたはかすかなさそりではありません!どうしたのですか。」
咲希は女を見て、突然目を覚まし、男として彼を認識しました、彼は一言の後に、彼は再び気を失ったと言いました。咲希は女がいる場所を見て、彼の隣のデッキに横たわっていた颯真を見て、テーブルの上のワインのボトルを見て、それを女に香りをつけました。渋面になって、それから彼の頭を上げて、そして前に少数の人々に結婚相手のを頼みました。


私はあなたがしばらくの間勇気を持つことができると思います。
彼らは飲んでいるの?

結婚していなかったので

咲希は女からのワインの香りがしました、そして、彼が飲んで飲酒していたら、彼はそれを理解することができました。駿は咲希を見てうなずいたが、彼はすぐに彼らが咲希の噂に耳を傾けなければならない理由に気付いた!明らかに彼らはそのような大勢の人々です、咲希は単なる人です、彼らが何を恐れているか!
「あなたは何をしていますか、彼らは私の人々です。あなたのような人々をつかむ理由はありません!」

「ああ、あなたは彼らがあなたの人々だと言った?私はあなたがしばらくこれを言う勇気を持つことを願っています!」
話の後、咲希はこれらの人々を気にせず、携帯電話を取り出し、男の電話をかけました。現時点では、男は、結愛から学んだばかりです。彼が家を出た後、女は颯真から電話を受けてから出発しました。
男が颯真の電話番号を取得した後、彼は女の電話に接続できないことに気付きましたが、心配して怒ったので、咲希の電話がこの時に入ってきました。咲希の電話を見たとき、男の最初の反応は彼が迎えたくないということでしたが、彼は賞賛以外のことを気にするつもりはありませんが、今度は余分な忍耐力を持っているようです。止まらなかった。男は少し躊躇し、そして最終的に答えを押して、そしてすぐに咲希に熱心な声を聞いた。
「私は言った、2番目の兄弟、あなたはついに電話に出ました。あなたが電話に出なければ、私は疲弊するでしょう!」
咲希が女を片手に持って電話をかけていて、反対側の人々はまだ狙っています。さらに、女はまだそのような状況です!

結婚相手は側に座って



「問題は何だ、何もない、私は電話を切る!」
咲希のトーンを聞いたとき、男はそれについて何も良いことはないと感じました。
「こんにちは、電話を切らないで、電話を切らないでください!」
男の携帯電話は耳を離しましたが、咲希が電話でのサイコロの言葉を言うのを聞いたとき、男はすぐに頭を引き締めてもう一度電話を取りました。私は咲希をサソリにすることができる何人かの人々を持つことができます、そして私はまだ彼を特に呼んでいます!
どこにいるの?


男は女が咲希とどのように関係するのか尋ねなかった。彼にとって今最も重要なことは女を見つけて女の安全性を決めることである。しかし、女が咲希にいたことを知って、男の懸念は半分に抑えられた。少なくとも、咲希があります、そして女は何の問題もないはずです。そして彼が今やらなければならないのは急いですることです!男の住所を伝えた後、すぐに電話は切られました咲希は男がもうすぐ出ることを知っていましたが、男が来る限りは、女の事務は当然男に渡されます。

君、去らないの?
咲希が仰向けになったとき、彼は駿がまだ彼の反対側に立っていて疑わしい方法で彼を見ていたのを見ました。男はここにいますが、彼らは行かなければ行けません!
「なぜ我々は行こうとしているのですか!ここで、しかし我々の領土!」
駿は、咲希が電話で話していることを聞き、この男が2人の女性を本当に知ることは困難であると考えました。しかし、彼は本当に彼の心に気が進まなかった、そして彼は彼の目の前の人にこれら二つの気絶者を与えた!しかし、この男は彼の腕の中で非常に高く評価されていますが、それの隣には誰もいません!彼を見てください、それは彼の腕の中のものだけを知っているようです、これはソファの上です、それは私が知らないようです!

結婚相手がこれを言ったとき

この場合、彼らが1を取るまで待ってください、ここに1人が残っていません!彼が今去ることができるならば、彼が今なくなっているならば、これさえ利用できないでしょう!
「もしあなたが歩けないのなら、とにかく、私はそれが思い出されたことをあなたに思い出させるべきでした!」
彼は今日一度も良い心を持っている可能性は低いですが、彼はそれを高く評価していません。しかし、これらの人々は少なくとも男が来る前に、少なくとも悪くない、まだ彼に非常に良い仲間を与えることができます!
「私はあなたがここに駿と呼ばれているのを聞いた、非常に良い、他の人たちは私に電話をかけたくない!」

咲希は、彼の周りの人々が彼を駿と呼んだだけでなく、彼を脅しさえしたと聞いていましたが、彼はまだいくらか興味がありました。出てくるのは本当に大家族ですか?しかし、Aの街の力、結婚相手の姓の印象には、そのような美徳図はないようです!駿が他の人が自分の肩書きについて尋ねるのを聞いたとき、彼は突然少し誇りに思った!あなたが知っている、このバーの後ろからのサポートがある、そうでなければそれはそのような場所でとてもうまく動作することは不可能です!そしてバーのオーナーとの彼の関係では、ここで駿と呼ばれることは完全に資格があります!

花嫁のを見るために初めて見られたそしてそれから


駿自身は誇りに思っています、しかし、彼はそれについて考えませんでした。バーのボスの顔が使われていない場合、駿はどのような役割を担っていますか?
「ああ、あなたは自分自身にもっと何かを与えなければならないと思います、それは実際には何もありませんか?兄弟、それがそんなふりをしているふりをするための良い方法です!一人で走ったとき、まだどこにいると言っているのですか?」

駿は言った、しかしまた厄介な、これが彼が以前に咲希の気質を見た理由である、しかし彼は咲希を恐れていない。彼の意見では、彼の後ろの大きな男が弟へのチケットを追っていないのですが、どうやって電柱の司令官である大きな男がいるのでしょう。
「私は行きます、あなたはあなたが若くて混乱していると思います、あなたはどこへ行っても弟を連れて行かなければなりません!」

婚約者の結婚相手の氏の発言に、咲希の一部はショックを受けました!このデングを愛することをあえてすることはとても複雑です!咲希がもう片方の古い底を引き抜いたとき、男も来ました。咲希は男を見ていましたが、彼は散髪したことさえありませんでしたが、彼の心には少し当惑していました。咲希はため息をつき、男が近づいた後、彼はすでに彼の腕の中で眠っていた男を男に渡しました。
「飲むには多すぎると推定され、人々は元気で、安心してください!」
咲希は男が腕の中でムースを見つめているのを見た、彼の目は赤だった、そして彼はすぐに説明した。女が何かに遭遇していると男が考えた場合、その怒りは彼がそれを負うことができないと推定されており、そしてそのような罪のない災害のために、彼はそれを負いたくありません!


男、なぜあなたはまだ来ていないのですか!

バスローブを着て出かけても

男は静かに咲希の手から女を黙って連れて行った彼の心の不安と怒りは腕に横になった後より快適な位置に変わった。なくなった!しかし、煙が消えるのは心の中の新たな怒り、そして賞賛の欠如によって引き起こされた不安だけであり、他の人々、特に行動を乱そうとする人々にとっては、彼は当然そんなに簡単ではないでしょう。行こう!
ここで何が起こっているの?
。駿の目が男の目に触れた後、男の視線が周囲を見回したところ、突然、空気が数度下がったように見えたが、この人の視線は少し怖い。今すぐ!女は颯真の電話で受信したと思いましたが、男の視線がまだそれを探していたので、颯真がソファーに横になっているのを見た後、彼は心を放しました。
女が颯真に力を入れていると、目覚めたとき、彼女は間違いなく颯真の状況について尋ねるので、彼は当然颯真の状況を無視することはできません!咲希は、駿の視線が男の視線にちらりと見られているのを見た。子供、ちょうどあなたが離れずに放置してみましょう、今問題がどれほど深刻であるか知っている!そして、咲希が話す前に熱心な足跡がありました、すぐに、何人かの人々がやってきて、頭を率いた人は男と咲希の顔に直接行きました。。